現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

魚沼産コシヒカリの歴史

魚沼産コシヒカリ 日本一の米どころである新潟県の魚沼地区、佐渡地区、岩船地区というところは、コシヒカリ三大名産地として知られています。
この地方で作られるコシヒカリは、コシヒカリの三大銘柄と呼ばれ、希少価値の高いお米なのです。
その中でも、魚沼産コシヒカリといえば、誰でも知っていると言っていいほど、有名なお米ですよね。

気候風土も稲作にとって理想的だという環境魚沼地方というのは、全国で一番良質なお米が作れる産地で、魚沼産と偽って販売する悪徳業者もいるほどの名声もあります。
たくさんの自然あふれる土地と、澄んだ水、そしてきれいな空気が、全国食味検定では特A地区として、魚沼産コシヒカリを生み出しているのです。

そんな魚沼産コシヒカリには、深い歴史がありました。現代では、当たり前に手に取ってみたり、いつでも購入出来るようになった魚沼産コシヒカリですが、こんなに深い歴史があったことを知ることで、またひと味違った目線で、お米を味わうことが出来ると思います。

元々、農林1号と農林22号という品種があった魚沼産コシヒカリ。
農林1号はおいしくて収穫量も多かったのですが、いもち病にとても弱いという点がありました。
それに対して農林22号は、品質が良く、いもち病に強いという特性があり、両方を掛け合わせ、この稲を大切に育てた後、いもち病に強くておいしく、収穫量も多い品種として、昭和28年に越南17号として新潟県に戻ってきました。
しかし、いもち病に弱いという欠点はあまり克服されておらず、更に茎が長い為に倒れやすいという新たな欠点もありました。

昭和20年代というのは、味の良さよりも収穫量の多さが重要視されており、どこの県からも注目されるようなお米ではなかったのですが、それでも新潟の農家は研究を続け、昭和31年に新品種としてコシヒカリが生まれたのです。
越後に光り輝くという願いを込めて、コシヒカリと名付けられました。

その後も、さらに研究は進み、倒れやすいコシヒカリを倒さないように育成する工夫であったり、新潟の気候・風土にピッタリ合わせることができ、今では、ブランド米となっているのです。

このページの先頭へ